夢追いフリーターはFxで第二の夢を見ることはできるか?

サラリーマンの副業といえば投資。少額からでも始められるというのでFxがあります。

仮面ライダーFxって居そうだけどいません。仮面ライダーはRxです。ブラックだし。すいません。話がそれました。

さて、Fxでしたね。夢追いフリーターでも副業として取り組むことができるか?

結論から言えば、できます。いくつかの注意が必要ですが。

ところで、Fxってよく聞くけど、何のことかよくわからんってこともあるでしょう。

簡単に説明します。

Fxは少しの貯金があれば始められる

ニュースで為替相場1ドル120円とか、115円とか流れてますよね?

土日以外、この金額は動いていて時間によって1ドルあたりの日本円に差額が発生します。この差額を利用して利益を出すのがFxです。

上の例でいうと、1ドルを115円で確保しておくとします。1ドル120円になったときに日本円に戻してって返却すると120円が戻ってくるわけです。

5円増えてますよね?え?少ない?

ではこれが、1万ドルだったらどうでしょう?5万円増えることになりますよね?

十分な収入になると思いませんか?

1万ドル確保するのに115万円必要かというとそうではありません。もっと少額で取引できます。

イメージとしては、証券会社が「1ドル115円」チケットを100枚3000円という金額などで取り扱っていて、それを買ったり売ったりするのです。
※実際にこの金額で取引できるわけではありません。証券会社によります。チケットという表現も便宜上のものです。

これだったら1万ドル分取引するにはチケット100枚セットを100個ですから、300,000円あれば取引できるわけです。

30万円もないよ!という人もいるでしょう。

そういった場合は、無理せず100枚セットを1個から始めたらいいです。

利益が出てきたら100枚セットを2個、3個、、、と取扱量を増やしていけばいいのです。

Fxはそうやって利益をさらに投資できるため、利益が増えるんです。

利益が1%だとします。10回繰り返すと1.1倍になります。100回繰り返すと2.7倍になります。

元手となる資金額にもよりますが、これは魅力的です。

ほぼ24時間取引可能なFxはいつでも働けるのと同じ?

Fxがサラリーマンに人気なのには、もう一つ理由があります。

それは取引時間が月曜朝から土曜朝までということでしょう。

世界の通貨を取り扱います。日本が寝ていても地球の裏側は昼間なわけですから。

そして、最初に書いた通り相場は絶えず変動しています。

通勤中に電車の中でアプリをポチポチやるだけでうまく取引すれば一日分の労働にあたる額を稼げたりするのです。

どうですか?スケジュールが安定しない夢追いフリーターでも取り組めそうですよね?

とまぁ、いい話ばかりではありません。

Fxは損することだってある

相場は絶えず変動します。自分の思惑通りに動いてくれればいいですが、逆の動きをしたら損することになります。

1ドル115円から120円になると思ってたのに110円になったら?損しますよね?

そうなんです。時給制のアルバイトと違って、損をするのです。

収入を増やしたくてFx始めたのに損してたら元も子もないですよね?

そうならないためにFxは勉強が必要だと言われています。もちろん充分に勉強したとしても100%はありませんから、どこかで損をするでしょう。

膝を擦りむくくらいの損失か車にはねられて再起不能なほどの損失か、、、軽度ならいいんですけどね。

なので、心配性だとずっと相場を見続けるかもしれません。取引してない時間でも。

もしかしたら、損した分を取り戻そうとギャンブル的に大きな取引をしてしまうかもしれません。その取引でも失敗したら、、、?

許容できる損失のリミットを決めて、機械的に取引するという厳格なルールを課さなければ副業としてやっていくのはなかなか大変でしょう。

経験者は語るです!(爆)

知人にFxをやっていて、稼げているという人がいるなら、いくらか払って教えてもらうのもいいかもしれません。

もしくは証券会社のやってる勉強会やいろんなFx関連のサイトで勉強するかです。

アルバイトに研修という名の勉強と実践があるように、Fxでも勉強と実践は欠かせません。

副業といえど、全力で取り組むというのはFxでも同じです。

自由にしていい貯金がある程度ある人は挑戦してみてはどうでしょうか?

生活費を資金に回すのはダメですよ!損することもあるわけですから、万が一の場合、生活できなくなりますので。

最後に。もし稼げるようになったらノウハウを教えてください。(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする