しまっくの自己紹介

      2018/02/15

「しまっくブログ」を運営しています、しまっく(@shimaq_bloggerと申します。

1977年生まれ、都内在住です。

現在、映像を中心としたエンタメ関連の仕事をしています。自称俳優です。

時折、俳優としての収入がまだ安定していないため、たまに知り合いの飲食店でヘルプに入ったりしています。シフトに振り回されない働き方を獲得したためプロフリーターとでも言いましょうか。笑

シフトに振り回されないというのは、オーディションや撮影が入れば当日でも前日でも休ませてもらえるからです。

できることならヘルプも卒業したいところではありますが、生活費との兼ね合いもあるため最低限をカバーする程度は働いています。

僕だけでなく名前は売れてなくても、俳優の仕事で生活できている人はたくさんいます。音楽が好きなのでバンドマンの友達も多いですが、彼らもそうです。メジャーでなくても、音楽で生活できている人はいます。

生活の中心点は本業のエンタメです。中にはバイトしてる人もいるけど、僕以上にバイトに関しては自由でしょう。

その一方で、40歳にもなると、同志の多くは、全く違うことで生計を立てています。連絡先も知らないというのも多々います。

新たな夢が見つかったのならばそれは喜ばしいことですが、全員が全員そうかは疑問です。後ろ髪引かれつつ違うことをやっている(元)同志もいるでしょう。

生活できる、できない、その違いはどこにあるのでしょうか?それがクリアになって戦略を立てれば、自分はさらに芸の道をまい進できるのではないか?そんなことを思います。

このブログでは、どうやったらよりディープにエンタメ中心の生活を送れるのかを考察していきます。

また、これから俳優やアーティスト、芸人などエンターテイメントの世界で自分の力を試してみたいという人にも何かしらの気づきになれればそんなに幸せなことはありません。

【2018.02.14追記】

自分と同じように夢を追う人のためと思ったのですが、有名でもないオレが何をほざいてるんだ?とセルフツッコミの嵐に軌道修正することを決めました。

もっと高みに行こう!それがオレの決意です。

芸事に従事する以外の行動を大きく変えることにしました。自分の残りの人生をかけた実験です。このブログはその実験のレポートとしての意味合いが強くなるでしょう。

成果が反映されれば、このブログで書くことも説得力出るだろうし、真似っ子ウェルカムなのです。

【追記ここまで】

「しまっくブログ」について

今後、以下の内容で更新していくつもりです。(随時軌道修正有)

フリーター

大学在学中の20歳よりエンタメ業界を目指し、以来ずっとフリーランスで活動を続けてきました。いきなり充分な収入を得られるわけでもなく、派遣社員やアルバイト中心の生活をしてきました。つい最近までの話です。

フリーターは、日本で正社員正職員以外の就労形態(契約社員契約職員派遣社員アルバイトパートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている人を指す言葉。学生は含まれない。学校卒業後の年齢15歳から34歳の若者が対象である。和製の造語(「フリーランス・アルバイター」の略称)である。フリーアルバイターとも言われる。

(引用:フリーター – Wikipedia)

就業先のフリーターの先輩には「え?なんでこんなバイトしてるの?(失礼)」と思わずツッコミたくなる人達もいました。彼らが別で収入源を持ってると知ったのは仲良くなってからのことです。

フリーターの一括りで片づけられない程、その実態は多様でした。

芸の肥やしとはよく言ったもので、彼らとの出会いは大きな財産です。夢を叶えるためにフリーターとして生活している人、会社辞めようかなと思ってるフリーター予備軍の人にうんうんと共感してもらえると嬉しいです。。

 しまっくが出会ったフリーターとは

副業

f:id:shimaq:20171027014324j:plain

雑誌やネットで目にする副業について、先に述べた先輩諸氏に教えてもらいました。実践した副業にはうまくいったこともあれば、しくじったこともあります。血と汗と涙と笑いなしには語れない経験です。

このカテゴリでは実践中の副業の考察やこれからチャレンジしてみたい副業についての検証もしていきます。

 しまっくが挑戦した副業と挑戦したい副業

夢を叶えることに没頭したいのにそれ以外のことをするなんて、、、という気が引けることもあるかもしれません。

しかし、生活費を稼がなくてはならないのも事実。背に腹は代えられぬものです。

あと、エンターテイメント業は水ものです。収入の柱を複数持っておくに越したことはないでしょう。

その辺の話を。

Lifehack

夢を叶えるってことは並大抵のことではありません。映画で俳優賞を取るとか、武道館でワンマンライブやるとか大きな目標を掲げている人はたくさんいるでしょう。

僕はそういった夢を追いかける人を嘲り笑いはしません。もし笑うなら、その豪快さやスケールの大きさに敬意を表したり、あっぱれだという気持ちで笑うでしょう。

とはいえ、のんべんだらりと生きていては、夢を叶えるまでに長い時間を要します。

特に、アルバイトや派遣社員など時間給で収入を得る生活が長いと、夢追い人がもつ感覚を失いがちになります。

自分もそうです。

このカテゴリでは、エンターテイナーとして生きる上で、凝り固まった思考を打破してくれた人や経験を備忘録として書いていきます。

それが僕をエンターテイナーに近づけてくれた(準備中)

最後に

まだまだ芸もブログも発展途上です。

僕と同じように夢追いフリーターでくすぶっている人の励みになればとブログを始めました。

が、ゆるぎない事実に気づきました。

「オレ、まだ売れてない!」

売れてないなりの思考を書けばいいやと思ってましたが、ここはエンターテイメントの世界にのっとろうじゃありませんか。

「オレ、売れた!」

その状態を目指します。そうじゃないとこのブログ、何の面白味もない実力が伴ってないおっさんが管まいてるだけになるし。成果を上げて好き勝手書きたいと思います。

もしかしたら道半ばで病気で死ぬかもしれません。道を歩いてたらハリウッド監督の目に留まって、1年後にはレッドカーペット歩いてるかもしれません。

その時が来るまで生温かく見守ってください。

また、芸能活動に関しては実験的な部分があります。本来の影響力以外の外的要因は極力排除したいため、こちらのサイトで芸名を明示することはないです。(たぶん)

ブログではしばしば記事の内容に食い違いがあるかもしれません。

その時は遠慮なく、ご指摘ください。

「○月○日の記事と今回で言ってること違うじゃねーか!」と。いえ、優しい言葉でいただけると嬉しいです。

ツイッターのコメントでも問い合わせフォームからでも構いません。

死ぬまで成長期。学びが足りてなかった点と内容が変わった理由について説明できれば幸いです。

ツイッターもやっています。アカウントはこちら (@shimaq_blogger)から。

 - 自己紹介