夢を叶えるために副業と並行してぜひ挑戦してほしいたった一つのこと

      2018/01/06

もっとお金が欲しいっ!そう思って副業を始めました。20代のころです。

今でこそ、副業は夢実現のスピードを早めるためでもあると言えますが、当時は100パーセントお金のためでしたね。笑

体力に任せて、いろんな副業に取り組んできました。20年近くなりますが、そんな時期を経験してきて、気が付いたことがあります。

稼ぐことより、いかに残すかということです。

例えば今までより1万円でいいから毎月多めに貯金したいという場合、三つ方法があります。

1万円分働く(副業でも本業でも)か1万円分節約するか、節約と労働の合わせ技で1万円分捻出するかです。

人それぞれ性に合う合わないあるでしょうけど、自分は節約重視にしてから本業もうまく回り始めました。

節約したら物欲が減りました。そのため、買い物に出かける、ネットショップを見るということが減ったんですね。

自由にできる時間が増えたのです。その時間を夢実現のために充てて加速しました。

これがもしプラス1万円分を働くとなると時間を奪われます。体力も奪われます。しかも、これまでより頑張ったという意識があるため、自分にご褒美を上げたくなるんです。

余計に働いて稼ぐ作戦は、結局、手元にプラス1万円残すのはうまくいきませんでした。

余計に働けば働くほど、本業への熱意も薄れていた気がします。

ここで稼いだ1万円で好きなものを買うのか?本業で成功するため、夢を実現するために必要だから資金を集めようと思ってたはずなのに、、、

節約が本業にも好影響だったのは、もう一つ、ハングリー精神が養われたことでしょう。

節約によって、同じようにバイトしてても、これまでより1万円残すことはできるなりました。ですが、生活水準は変わりません。上げることはなかなかに難しいのです。

もっと会いたい人に会いたい(恋人という意味じゃないですよ)、年1回くらいは旅したい。。。もっと自分の人間力を高めることしたい、そういった思いは消えませんでした。

「なんでできない?節約してるのに、、、本業が軌道に乗ってないからだ!くそー!」ってなったわけです。

節約は、自分のお金の使い方を見直すことです。浪費といえる無駄を排除し、生活水準を落とさない方法はないかを考えることです。

これは、自分の能力を見直すことにも役立ちました。

本業として勝負をかける分野において現在のどんな能力を自分はもっているのか、またそのレベルはどの程度なのか、、、

そして、レベルアップは図りつつも現時点でどうすれば勝ち上がっていけるのか。工夫するようになったんです。

節約はいいことづくめです。

切り詰めすぎて、ストレスになってきたときは、体力と時間を捧げてプラス1万円稼げばいいんです。

追加で働くのか節約するのかどちらかにしないといけないなんてことはありません。

要はバランスです。

アスリート、格闘家なんかは肉体労働系のバイトすれば、トレーニングジムの月謝の節約にもなるしお金も入ります。

料理人として大成するなら、お金払って料理学校通うのもいいけど、育ててくれる料理店でバイトするのもありではないでしょうか?まぁ、もうやってますよねw

毎日に無駄はないか、もしくはより価値のある時間の過ごし方はないか、徹底的に洗い出してみてはどうでしょうか?

副業もいいけど、来るべき時にそなえて体力は温存し、能力は磨き上げるのが最優先。

節約はきっと役に立ちます。

 - フリーター